とりあえず車で寝ます

軽自動車のムーブにて、夫婦で車中泊旅の様子を紹介するブログ

軽自動車でも快適な車中泊

せまい!! 寝れない!! と評判の軽自動車でも、そこそこ快適に車中泊する方法

更新日:

軽自動車での車中泊ってどんなイメージでしょうか?

せまい?疲れる?寝れない?
まぁそんなとこでしょう。

しかし設備や環境を整えることで、軽自動車だって、そこそこ快適に車中泊することも可能なんです。

ただポイントは、そこそこってことです。

当たり前ですが、ホテルや自宅のベッド並ってレベルにするのは、軽自動車では不可能です。

ましてやフルフラットでさえない、私のムーブごときでは、快適な睡眠などとんでもなく難しいんです。

それでも最終的には、軽自動車の車中泊で、平均睡眠時間を8時間を確保しつつ連泊できるまでにいたりました。

私は完全な車中泊初心者ですが、それでもちょっとした工夫で、そこそこ快適に過ごすことはできるわけです。

「車内環境を整えて快適な睡眠をとりたい」という、ワガママな軽自動車ユーザーは、ぜひとも記事を参考にしてみてくださいまし。

軽自動車で車中泊すると寝れない理由と解決策

理由はたくさんあるのですが、とにかく問題になるのは寝心地の悪さです。

理由その1:シートがフラットにならない

ホンダの販売する「NBOX+」や「N-VAN」のような車は、シートが完全にフルフラットになるので車中泊しやすいです。

また軽自動車でも、軽キャンピングカーのように、車内で過ごすことに特化した車は話が別です。

しかしそれ以外の一般的な軽自動車は、シートを倒しただけでは必ず凹凸が気になるはずです。

私のムーブも凹凸だらけで、そのままでは熟睡は不可能です。

この問題の解決策

この問題は、レジャーマットとビーズクッションを使ったことで解決できました。

完璧とは言えませんが、そこそこフラットなシートになったので、眠るくらいはできました。

>> 車中泊で使ったグッズの詳細はコチラ

理由その2:外からの視線や光が気になる

私は目が合うとかでもない限り、視線も光も気にならないタイプです。

しかし車外からの視線や、光が気になって眠れないという人は多いと思います。

この問題の解決策

解決する方法はいくつかあり、まず1つ目は光のあまり届かない暗い場所に駐車することです。

基本的には"道の駅"に宿泊することが多くなるでしょうが、その中でも比較的暗い駐車場にとめるのが良いと思います。

ただし優先車スペースには、駐車しないよう気をつけてください。

2つめは車内用のカーテンを設置することです。

私の場合、フロントガラスは100円ショップで買ったアルミシェードを設置して、他のガラスにはすべてカーテンを設置しています。

これだけで車内がほぼ真っ暗になるので、かなり寝やすくなりますよ。

理由その3:わずかな光さえも気になる

私は全く気になりませんが、わずかな光でも気になって眠れないという人は結構います。

カーテンを閉めていても、カーテンがズレてしまったり、ちょっとした隙間から光が入ってきたりすることはあるでしょう。

それだと気になる人にとっては、眠れない原因になるかもしれません。

この問題の解決策

こういったわずかな光でも気になる人への解決策には、定番アイテムのアイマスクがおすすめ。

これだけでカーテンの隙間からこぼれる光や、車内で同乗者がスマホをいじり始めたときのちょっとした光も、気にならなくなるはずです。

理由その4:話し声や車のエンジン音が気になる

騒音問題ですね。

これは多くの人が気になると思います。

「寝るぞー」と思っても、爆音のBGMが聞こえてきたり、隣の車がエンジンをずっとかけているなどなど。

周りの音が気になると、さすがに眠りにつきにくいものです。

この問題の解決策

シンプルに耳せんをつけるのが1番です。

これだけでも、周りの音や声はほとんど気にならなくなるものです。

それ以外の解決策としては、最初から静かな場所で車中泊すると良いでしょう。

私の場合は、車の出入りが激しいサービスエリアやパーキングエリアは、車中泊場所の候補から外しています。

また一時的に車中泊をする人が多いコインパーキングも、トイレが近くになくて不便なのでオススメできません。

なので車中泊をするなら・・・

  • 道の駅
  • オートキャンプ場(有料)
  • RVパーク(有料)

といった場所が、静かに休めてオススメです。

特に道の駅は、無料なのでよく活用しています。

オートキャンプ場やRVパークは有料ですが、エリア内にシャワーがあったり電源があったりと便利です。

ただし軽自動車の寝やすさを考えると、安いホテルを選んだ方がいい場合もあります。

どちらが良いかは立地やお財布と相談して・・・という形になるでしょう。

理由その5:温度や湿度が気になる

夏は「暑い」と騒ぎ、冬は「寒い」と騒ぐ。

夏と冬の温度問題は、やっぱり大変です。

特に夏の暑さは、エアコンなしで耐えられるレベルではありません。(窓のあけっぱなしは防犯上NG)

車内エアコンが使えれば良いのですが、今どきアイドリングはどこに行っても禁止されてますからね。

また湿度も問題です。

夏は湿度が高くなりすぎることで、室内が蒸し風呂のような状態に。

冬は湿度の影響で結露だらけに。

車中泊の悩みの種でもあり、大きな不快要素のひとつかと思います。

この問題の解決策

温度はコントロールが難しいのでですが・・・

夏はポータブルクーラー。
冬は寝袋、厚着、電気毛布などで対処します。

冬はなんとなくイメージできると思いますが、問題は夏のクーラーです。

小さいものは冷却効果がなく、効果のあるものは軽自動車には大きすぎます。
しかも価格が高すぎる・・・

というわけで軽自動車にとって最も最適なのは、自作のクーラーです。

自作クーラーは長く使えてエコなので、オススメです。

作り方はコチラの記事を参考にどうぞ。

次に湿度の問題ですが、こちらは窓を少しあけて外気導入して寝ることで、ほぼ解決します。

窓のあけ方は、運転席と助手席の窓を少しあけておくだけ。

その際、窓をあけすぎると防犯上よくないので、ドアバイザーより上のラインまでしか窓をあけないようにしてください。

それだけで十分、湿気対策になります。

理由その6:どこで車中泊をしたら良いかわからない

最近は駐車禁止の駐車場も多く、特に都心部での駐車禁止の取り締まりはかなり厳しめです。

なので、どこでも良いから車中泊をしようではダメなんです。

この問題の解決策

既に説明したとおり、オススメは道の駅です。

他は有料になりますが、RVパークかオートキャンプ場。

その他だと、山間部や海辺で車中泊するといった人もいます。

とりあえず静かなので、寝るだけなら不便はないと思います。

なお以下の場所で車中泊をするのは、あまりオススメできません。

  • 市街地
  • 幹線道路沿い
  • 傾斜がはげしい場所
  • 地面に凸凹があり平でない場所

軽自動車の車中泊は疲れるけど・・・

軽自動車の車中泊は、どんなに設備を整えても、やっぱりせまいので疲れます。

軽キャンピングカーやフルフラットシートの軽なら、そこまで気にならないかもしれませんが、フルフラットにできない軽自動車は結構疲れます。

軽自動車の車中泊は疲れるけど・・・

どう頑張っても、ホテルと同じくらい快適な睡眠はとれないでしょう。

じゃぁどうすれば良いのか?

対策は2つあります。

1つめは温泉です。

温泉は私の中で車中泊旅の楽しみのひとつで、現地の温泉にゆっくりつかるだけで、多少の疲れは吹き飛びます。

2つめは適度にホテルをはさむことです。

特に車中泊初心者は、思っているよりも車で寝つくことができません。

実際にわたしが車中泊で寝れるようになったのも、3泊目からです。

なので初心者の間は、1日おきにホテルと車に泊まる。

慣れてきた人も、疲れがたまってきたらホテルを使うのがオススメです。

疲労や眠気から、事故を起こしてしまっては本末転倒ですからね。

ちなみにホテルに泊まるなら、オススメはラブホテルです。

ラブホテルは夫婦やカップルでないと入りづらいでしょうが、何といってもチェックアウト時間が遅いのが魅力です。

チェックアウトが遅いところだと、15時ということもあります。

たっぷり寝れて疲れもとれるので良いですよ。

ただし土日祝日は、ビジネスホテルを予約した方が安く泊まれることも多いので、あまりオススメしません。

意外と快適な車中泊旅を楽しもう

車中泊旅は、ホテルに宿泊するのと比べれば、確かに快適とは言えません。

しかし場所や環境。車中泊が楽しくて便利になるグッズ次第では、そこそこ快適になることも事実です。

「せまいなぁ」とか「疲れるなぁ」と思うかもしれませんが、寝れないことはありません。

慣れればそこそこ快適に眠れて、自由なスタイルの旅が結構楽しくなるんです。

それが車中泊旅。

車中泊旅を楽しむ

というか個人的には、その不便さが楽しかったりします。

せまい車内で本を読んだり、弁当食べてみたり、色々な場所に好き勝手遊びに行けたり・・・

妻をふくめ多くの女性にはわかってもらえないでしょうが、男性ならわかる人もいるはず。笑

もし実際にやってみて「疲れる」「しんどい」って思ったなら、そこからはホテル中心で旅行すればいいだけです。

とりあえず車中泊旅やってみません?

不自由さとか不便さが逆に面白いんですよ?
ほんとに。

ブログランキングに参加中

ブログランキングに参加中

「とりあえず車で寝ます」は、車中泊のブログランキングに参加中です。

もし記事が役に立ったなら、応援クリックをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

-軽自動車でも快適な車中泊

Copyright© とりあえず車で寝ます , 2019 All Rights Reserved.